企画展。3月19日より、鈴木都さんの作品展を開催します。

3月19日より、美濃で作陶をされている鈴木都さんの作品展を開催いたします。
 
鈴木都さんは30代の若手陶芸家ではありますが、子供の頃より陶芸に興味を持ち陶芸を始めるなど、子供の頃よりご自身の審美眼と技術を磨いてこられました。
重厚感のある色の深みが特徴的な志野、枯れた見た目の中にしっとりとした雰囲気を醸し出す黄瀬戸など酒器、茶碗、湯呑の十数点を今企画展でご紹介いたします。
器自体の存在感と重厚感とのバランスがとても素晴らしく、思わず触れたくなる作品ばかりです。
 
プロフィール
 
1984 東京生まれ
1990年代 土を掘りはじめる
1997 美濃古窯跡を訪ねる
2010 瀬戸に居を移す
2011  愛知県立窯業高等技術専門校修了、土岐津高山にて制作を開始する
2015  美濃古窯の地、郷之木に移る

 

※萩焼屋に会員登録をしていただいた方にはDM,メール配信でイベント情報を随時お知らせをしております。
トップページ右側、「新規ご入会はこちら」から、もしくはこちらから会員登録を宜しくお願いいたします。

 

※フェイスブックページもアップしております。

ブログ内容とは違う、普段の作家さんたちの窯焚き風景などもアップしています!

写真やつぶやきなどをアップしていますので、こちらも萩焼屋のページへの「いいね!」をいただけると幸せます。

萩焼屋フェイスブックページ