唐津焼、藤ノ木陽太郎さん作品展のお知らせ。

9月18日から唐津焼作家、藤ノ木陽太郎さんの作品展を開催いたします。

 

藤ノ木陽太郎さんの作品は器の姿勢を崩さずにきれいな形を作り上げているため、朝鮮唐津などの力強く主張の強い釉薬を用いても上品さを損なわずに、作品の存在感をしっかりと作り出されています。

茶道具としての抹茶茶碗はお茶席においても最も重要なお道具ではありますが、必ずしも抹茶茶碗が主役となるわけではありません。

お客を迎え、お客とのひと時を大事にし、お茶を楽しむ、そのほんの少しの時間を盛り上げてくれるお道具。

主張しすぎず存在感を放つ、謙虚さの裏にある強い想いを彼の作品から感じ取れます。

 

藤ノ木陽太郎さんは1981年生まれ、ゆったりとしたご自身の時間を持たれる陶芸家さんです。

作品から藤ノ木陽太郎さんのお人柄、唐津の山に囲まれた土地、その作品でお茶を楽しむことやお酒を楽しむこと、お花を飾って愛でること、いろいろな想像力をもって作品をご覧いただけると幸いです。

 

ウェブ個展へのページへ

https://hagiyakiya.com/cat/online-exhibition/

 

※萩焼屋に会員登録をしていただいた方にはDM,メール配信でイベント情報を随時お知らせをしております。
トップページ右側、「新規ご入会はこちら」から、もしくはこちらから会員登録を宜しくお願いいたします。

 

※フェイスブックページもアップしております。

ブログ内容とは違う、普段の作家さんたちの窯焚き風景などもアップしています!

写真やつぶやきなどをアップしていますので、こちらも萩焼屋のページへの「いいね!」をいただけると幸せます。

萩焼屋フェイスブックページ