9月4日からスタート、吉野桃李展。

9月4日より萩焼作家、吉野桃李さんの作品展を開催いたします。

12代坂高麗左衛門に10年師事した後、秋吉台の近くの土地で独立、開窯。

 

登り窯を使って作品を焼き上げると世には出せない作品も多く生まれ、歩留まりという点においてはとても効率の悪い作陶方法ですが、その分炎とその時々の不確定要素が化学反応を起こし、作者も意図していなかったような素晴らしい作品が仕上がることがあります。

吉野桃李さんは今まで陶芸コンテストのような公募展にはほとんど目もくれず、安定して作品が取れずに苦労されながらもこの薪窯の焼成にこだわり、ひたすらと作陶を続けてこられました。

 

今では現代の萩を代表する作家の一人として雑誌などにも取り上げられるなど、全国の陶芸ファンはもちろん、全国の陶芸家からも高い支持を受ける存在となっています。

 

今回のウェブ個展では直近の吉野桃李さんの作陶風景を動画でまとめて、特設ページに動画を埋め込みました。

普段見ることのできない、土づくり、素焼き、釉掛などの工程をご覧いただけます。

 

日本時間の9月4日0時に作品の掲載がスタートいたしますのでぜひご覧ください。

 

 

・吉野桃李プロフィール

1965年 福岡に生まれる

1986年 有田窯業大学校卒業

1986年 12代坂高麗左衛門先生に師事

1996年 独立

2000年 渋谷東急百貨店で初個展。以後全国で個展、グループ展開催

 

ウェブ個展へのページへ

https://hagiyakiya.com/cat/online-exhibition/

 

※萩焼屋に会員登録をしていただいた方にはDM,メール配信でイベント情報を随時お知らせをしております。
トップページ右側、「新規ご入会はこちら」から、もしくはこちらから会員登録を宜しくお願いいたします。

 

※フェイスブックページもアップしております。

ブログ内容とは違う、普段の作家さんたちの窯焚き風景などもアップしています!

写真やつぶやきなどをアップしていますので、こちらも萩焼屋のページへの「いいね!」をいただけると幸せます。

萩焼屋フェイスブックページ