萩焼屋×カケル、唐津焼作家 殿山窯 矢野直人

唐津、殿山窯、矢野直人氏

「萩焼屋×カケル」
陶芸家が陶芸家として誇りを持って作陶をする日本の陶芸文化が面白いと思い、地元山口県の焼物である萩焼を広く国内外に発信していきたいという想いで萩焼屋は出発しました。
インターネットショップと片田舎の訪れるには大変不便な実店舗を始めて5年、おかげさまで日本国内各地の方々、世界中の方々から当店のウェブサイトをご覧いただいてきました。
2019年より、より良い物を作り出していく萩焼作家の姿勢や作品のさらなるご紹介とともに、
萩焼屋店主の好きな作家、国内外のお客様よりリクエストのいただいた作家、萩焼屋の姿勢に賛同をしていただいた作家など、日本の陶芸文化を萩焼屋ホームページを通じて多くの方々に楽しんでいただければと思います。
開催時期、出品作家などこれより随時ご紹介をさせていただきますが、しばらく当店店主の窯元巡りをブログにつづって参ります。

 

唐津にやってきました。
今回の訪問先は矢野直人さんが代表を務められる「殿山窯」。
イカで有名な呼子の呼子大橋からもほど近い港そばの小高い丘にある、穏やかな空気の流れる窯元です。

矢野直人さんは唐津焼作家の中でも大変人気のある若手作家さんです。
つい最近の陶芸雑誌でも唐津焼が特集されていて、その中にも矢野直人さんの作品が多数掲載してあって妄想的に予習はしていたつもりでしたが、実際に直に作品を拝見するとその器から醸し出される「かっこ良さ」に驚かされました。

仕事柄多くの作家とお会いする機会がありますが、作家の仕事に対する姿勢やそのお人柄というものはそのまま作品に出てくるものだといつも感じさせられます。
実際にお話をさせていただく矢野直人さんは柔和であり、会話や雰囲気の中にも男らしさと、何かに興味を持ち続ける少しやんちゃな部分と様々な魅力があふれ出てくる素敵なパーソナリティの方でした。
唐津を中心に佐賀県内の他の作家さんともお話の中で矢野直人さんの人望の厚さをお聞きする機会も多く、そういった誰からも好かれるお人柄がそのまま作品に出てきているのだと妙に納得をさせられた楽しい一時を過ごさせていただきました。

矢野直人,萩焼屋カケル,唐津焼

矢野直人さん

 

少し先のお話になると思いますが、矢野直人さんの作品も「萩焼屋×カケル」でご紹介をさせていただきます。
お楽しみに。

 

次回は、同じ殿山窯で作陶活動をされる浜野まゆみさんをご紹介いたします。

 

※萩焼屋に会員登録をしていただいた方にはDM,メール配信でイベント情報を随時お知らせをしております。
トップページ右側、「新規ご入会はこちら」から、もしくはこちらから会員登録を宜しくお願いいたします。

 

※フェイスブックページもアップしております。

ブログ内容とは違う、普段の作家さんたちの窯焚き風景などもアップしています!

写真やつぶやきなどをアップしていますので、こちらも萩焼屋のページへの「いいね!」をいただけると幸せます。

萩焼屋フェイスブックページ