丹波焼窯元大熊窯、大上伊代

「萩焼屋×カケル」

 

丹波焼窯元大熊窯、大上伊代氏

丹波焼の里、立杭の土地で作陶活動をされている大上伊代さんにお会いしてきました。

 

大上伊代さんは鬼や妖怪などをモチーフにした作品を多く作られていて視覚でのインパクトの強い作品が多いですが、そのほとんどが茶器や酒器や湯呑など日常生活に欠かせない器の用途を持っています。
器を逆さにした際の作品の魅力や、注ぎ口など各所にちりばめられた彼女ならではの遊び心が作品を持つ人の心を弾ませてくれます。

 

大上伊代さんの作品は今にも動き出しそうな生き物を表現し、その一つ一つが魂を持っているかのように表情豊かで動的があります。
ご自身もどの作品もわが子のように愛情を込め、一つ一つにご自身の精力をつぎ込み作陶されているため、作陶までの時間は比較的長く、またほとんどの作品がお客様への元へとお嫁に行かれるそうなので、大上伊代さんの作品をたくさん見られる機会は少ないです。

丹波焼に携われる方々からも大変慕わられ、私がお会いした作家さんに関しては妹、もしくは娘のように大上伊代さんを気にされている方もいらっしゃいました。
お客様、焼物関係者、色々な分野で多くのファンがいらっしゃるようです。

 

萩焼屋でも丹波の地が生んだ天才とも称される大上伊代さんの作陶展を開催いたします。
詳しい日程が決まりましたらブログやメルマガでもお知らせをいたします。

 

 

※萩焼屋に会員登録をしていただいた方にはDM,メール配信でイベント情報を随時お知らせをしております。
トップページ右側、「新規ご入会はこちら」から、もしくはこちらから会員登録を宜しくお願いいたします。

 

※フェイスブックページもアップしております。

ブログ内容とは違う、普段の作家さんたちの窯焚き風景などもアップしています!

写真やつぶやきなどをアップしていますので、こちらも萩焼屋のページへの「いいね!」をいただけると幸せます。

萩焼屋フェイスブックページ

  • カレンダー
    2018年11月
    « 10月  
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930 
  • カテゴリー