9月20日よりスタートの企画展「吉野桃李展」のお知らせ

2019年9月20日より萩焼屋企画展、萩焼作家、吉野桃李展を開催いたします。

今企画展を開始してから初めての萩焼作家さんです。

吉野桃李さんは陶芸雑誌でも頻繁に紹介されるなど、萩焼作家の中でもひと際人気のある陶芸家です。

 

坂高麗左衛門窯で10年修行したのちに独立。昔ながらの技法を追求し、土造りを妥協せず、素焼きも本焼きも全て薪窯を使って焼成をする作陶への姿勢は当然作品にも表れ、見る人、使う人の心を揺り動かします。

 

吉野桃李さんが私にいつも語ってくれる「萩焼に使われる台道の土ほど抹茶茶碗を作るに適した土はない」という言葉。今回の企画展では吉野桃李さんが「今」自信を持って発表する萩焼の抹茶茶碗をはじめ、酒器コレクターの心を鷲掴みし続けるぐい呑や徳利など数多くの作品を紹介いたします。

 

日々進化し続ける吉野桃李さんの「今」の萩焼をぜひお楽しみください。

 

略歴

1965年 福岡に生まれる

1986年 有田窯業大学校卒業

1986年 12代坂高麗左衛門先生に師事

1996年 独立

2000年 渋谷東急百貨店で初個展。以後全国で個展、グループ展開催

2001年 西部工芸展入選(以後7回入選)

2007年 萩陶芸家協会展 萩陶芸家協会賞受賞

 

 

こちらのリンクをクリックすると、企画展ページ準備画面に移動します。

過去の登り窯の窯焚き風景をおさめた動画がありますので、20日のスタートまでこちらをご覧になりしばしお待ちください。

 

 

※萩焼屋に会員登録をしていただいた方にはDM,メール配信でイベント情報を随時お知らせをしております。
トップページ右側、「新規ご入会はこちら」から、もしくはこちらから会員登録を宜しくお願いいたします。

 

※フェイスブックページもアップしております。

ブログ内容とは違う、普段の作家さんたちの窯焚き風景などもアップしています!

写真やつぶやきなどをアップしていますので、こちらも萩焼屋のページへの「いいね!」をいただけると幸せます。

萩焼屋フェイスブックページ